セレンについて

セレンという栄養素について考えた事はありますか?
セレニウムとも呼ばれますが

このセレンにはビタミンBの60倍の抗酸化作用を持っています。
抗酸化作用と言うと
老化を防ぐ効果です。いわゆる人間のサビのようなもの。
それを防ぐ作用が抗酸化作用となります。

実は少し前までセレンは嫌われもので
毒性の強い栄養素だと言われていたのです。

今では医学研究などが進み最近になって
セレンの重要性について注目されるようになってきたのです。


これからセレンの私達の体にもたらす効果についてお話していきましょう。

・癌予防に効果的
セレンの強力すぎる抗酸化作用は
癌の発生や転移を抑えると言われています。
癌の中でも肺ガン、大腸癌、前立腺がんにはセレンが特に有効だと言われています。
かの有名なチェルノブイリ事件では
甲状腺の異常予防にセレンを使用しその効果は実証されています。

・活性酸素へ攻撃
活性酸素ができるのを抑制させる事で有名なのはビタミンEですが
セレンは既に活性酸素化してしまったものを分解させます。
なのでビタミンEと亜鉛と一緒にセレンも摂取すればダブルで効果が期待されます。

・セレンでアンチエイジング
冒頭でも述べたようにセレンには非常につよい抗酸化作用があります。
老化の原因とされる活性酸素を分解し、
肺、血管など身体の至る所の老化の進行を遅らせます。

アルギニンについて